■ 2020年 4月 ■
鈴ってなあに?

法事に呼ばれたら、まずお内仏のご本尊に合掌礼拝しましょう。
その際に鈴(りん)を鳴らして合掌はいたしません。鈴は勤行や読経を行う時にのみ使用し、お勤めの合図を示して声の調子を整える勤行の前後に鳴らす仏具です。
したがって、合掌するときやお供えした時などに鈴は鳴らしません。

<大谷派で使用する鈴>

宗派によって呼称や形・用途は様々です。真宗大谷派の正式な鈴は通常下の写真のような「平きん」と呼ばれているものを使用しています。



「雲輪(くもわ)」



「紅輪(べにわ)」



雲輪の上に紅輪をのせてきんをおきます。この二つがなければきんを打つ撥(ばち)が台の上に置けなくなります。当派ではきんを置くための「ふとん」は使用しません。


勤行中の撥(ばち)は下の写真ようにおきます。「平きん台」は撥(ばち)がのる大きさのものを揃えましょう。