萬行寺の境内にある、掲示板に書かれたことばを
紹介します。 なにげなく通り過ぎている掲示板に、
ふと、足を止めてみましょう。



■ 過去の掲示板を見る
>>今月のことばに戻る

2008年12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月

<過去のことば>
2010年
2009年
2008年
2007年


字:住職 亀井 廣道

■ 2006年 8月 ■
やられたらやりかえす
これでは
  いつまでたっても
   どちらにも救いはないじゃないか


 暴力によって、人間が人間であることを失ってしまった20世紀、その戦争と革命の時代が終わって、やっと安定した静かな時代を迎えたいと期待していた21世紀において、ますます危機は深まってきています。
 近代15年戦争、それは世界中にとてつもない殺戮と破壊、それに経済格差を起こし、敵意と恨みは人類全体に深い禍根を残しました。
『日本国憲法』はその痛みへの懺悔から生まれた珠玉の法です。「世界遺産」となっても、不思議ではありません。日本人はもちろん、地上の命あるもの全ての宝物というべきでしょう。この法のもと、戦後60年もの間、一度も他国の国民に銃口を向けないですんだ日本人の国が、なんと「平和のための戦争ができる国」になろうとしています。
憲法改正をめざす政府の考えは、平和をつくるために日本が戦闘行為をすることは正しい、こう正当化しようとしています。かつての戦争で、殺された人々、殺させられた人々、身心に深い傷を負った人々にどう説明がつくでしょうか。
憲法9条の改変の動きは現代日本の「闇」です。このことに国民こぞって気づくべきです。今日の世界情勢は「やられたらやりかえす」・・・・・・「やられるまえにやってしまう」こういう悲しい時代です。これではいつまでたっても戦死者もわれわれも、未来の子供達も安らぐことはできません。
また仏陀は言われた。
「敵意ある人々の中で、敵意なくこよなく幸せに生きよう。
敵意ある人々の中で、敵意なく暮らしてゆこう」
             『法句経』第197偈

Copyright (C) 2006 Mangyoji All rights reserved.