萬行寺の境内にある、掲示板に書かれたことばを
紹介します。 なにげなく通り過ぎている掲示板に、
ふと、足を止めてみましょう。



■ 過去の掲示板を見る
>>今月のことばに戻る

2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月

<過去のことば>
2010年
2009年
2008年
2007年


字:住職 亀井 廣道

■ 2006年 11月 ■
  おれたちはあせる。あせらない若者なんているだろうか。
                       広渡常敏


これは、ある劇団のお芝居、太宰治原作の『走れメロス』の中で脚本家が挿入した言葉です。
走れメロスといえば、単純明快な友情物語という印象があり、あまり好きではありませんでした。
しかし、そのお芝居はわたしの思いを見事に覆しました。
このことばは原作にはでてこない言葉ですが、若者メロスのこころのありようを端的に表した言葉なのでしょう。
いつの時代でも若者はあせるものです。あせるなといっても若者は焦ってしまうものです。
それでいいのです。こころが若いのですから。

太宰治はあの戦争が始まる前年にこの「走れメロス」を世に発表します。
年寄りが決めて若者が死に往く時代の中。そして真の人間の心を失いつつある時代の中で生きる道を探しながらあせる若者の象徴として、メロスを現出させたのだと感じました。
この言葉は作品のなかで、次代をになう若者が、その疲弊していく時代の焦燥感の只中で、なにを信じて生きていったらいいのかわからないという若者の苦悩をエネルギッシュに愚直なまでにストレートに描いていました。 そしてこれは作者である太宰自身の焦りをも巧みに表現した言葉でもあったのです。

Copyright (C) 2006 Mangyoji All rights reserved.